安全への取り組み
安全への取り組み
日本リース株式会社は、下記の企業経営方針に従い、安全最優先の現場第一主義を徹底するため、今年度も日々改善を重ね輸送の安全確保に社長以下、全従業員が一丸となって取り組んでまいります。
輸送安全マネジメント
■日本リース株式会社 基本方針
「安全の確保は輸送の生命線である」
全従業員が一丸となり、絶えず輸送の安全性の向上に努めて参ります。
安全輸送に於けるPDCAサイクルをより徹底させて改善を図ります。
■平成30年度 安全方針

1、社長は、輸送の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内に於いて主導的な役割を果たして参ります。また営業所に於ける安全に関する声に真摯に耳を傾けながら、現場状況を充分に把握し、安全の確保が最も重要であるという認識を徹底させて参ります。

2、会社は、輸送の安全に関する計画の策定・実行・検証・改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直し事故を起こさない、事故を起こさせない企業風土を構築し、全従業員が一丸となって安全性の向上に努め、また輸送の安全に関する情報も積極的に公表して参ります。

■平成30年度の重点施策

(1)安全の確保を徹底させる為、関係法令の遵守及び法令以上に厳しい、社内基準の事項についての遵守を徹底させ、現場に於いては常に従業員との傾聴を深め、お客様の安全意識と信頼に応えてまいります。

(2)春夏秋冬の交通安全運動期間中に、社長以下管理職全員による早朝車両点検立会いを実施し、期間中の事故防止の啓蒙と始業点呼指導を通して、企業の安全風土の醸成を図ってまいります。

(3)輸送の安全に関する費用支出及び投資も、積極的且つ効率的に行い、事業者としての法令適合性に関しても、定期的な内部監査を実施して情報の公開をしてまいります。

(4)ドライブレコーダ及びデジタコグラフの分析による、ヒヤリハット教育や速度超過とエコ運転等の指導を、日常的に取り込んで事故防止に努めてまいります。

(5)関係法令及び諸規則を遵守するために、半期ごとの乗務員集合教育を通じて、安全意識や技能向上を高め、社内連絡体制の徹底と情報共有を更に深めた組織体としてまいります。

(6)年2回の定期健康診断結果に基づく面接を徹底すると共に、社内に於ける血圧計や体重計の計測によって、健康状態の把握を深め、必要とあればSASや脳MRI受診により、健康管理の指導強化を図ってまいります。

■輸送の安全に関する事故削減目標
重大事故
0件
物損事故
25%削減 〈本社(営):6件〉 〈新木場(営):12件〉
人身事故
0件
■輸送の安全に関する投資目標と支出
  • 平成29年度車両等に関する支出投資額(合計4,150万)
    ・高安全性車両の導入と代替【3台、4,000万】
    ・予防整備に関する費用支出額【100万】
    *乗務員採用に関するもの【2名、50万】
  • 乗務員教育及び健康管理に関する費用支出額(139万)
    ・乗務員無事故表彰(10万)
    ・乗務員健康起因事故防止(50万、健康診断年2回受診とSAS受診)
    ・乗務員救命講習及び貸切実地研修に関する費用支出額(55万)
    *管理職等教育及び研修に対する投資額(24万)
  • 内部監査の実績
    ・新木場(営)6月20日・3月12日の2回実施
    ・本社(営)3月8日実施
  • 諸会議及び教育研修の充実
    ・各月営業所ごとの運行管理者による安全推進会議の実施(毎月最終水曜日実施)
    ・所轄警察による事故防止研修(各期の全国交通安全運動時期に年1回実施)
    ・所轄消防署による消防と救急救命訓練の実施(年1回実施)
    *当社に関わりのある保険会社または整備、車両会社等による講師の事故防止講習の実施(半期に1回の乗務員会に招聘)
※その他運輸支局等の行政処分等は、受けておりません。
■輸送重点事項
  • 経営トップを起点とする連絡体制
  • 輸送の安全に関する教育及び研修の実施
    NASVAリンク等の機関が主催する講習会の受講(運行管理者及び代務者)
    乗務員教育の為の年間計画の作成及び車内教育の実施
  • 運行管理の徹底
    厳正な点呼の実施→アルコール検知・健康確認・免許証確認 等
    貸切バス管理システム 発車オーライ導入(平成28年4月)
    最新型アルコール検知器入れ替え(平成28年6月)
  • 整備管理の徹底
    日常点検の実施・報告→対応の徹底
  • 事故防止への取り組み
    万が一事故が起きた場合、再発防止の為会社全体で検証・対策をする
    乗務員同士のコミュニケーションを促進
    事故警報・社内通達により事例を示して事故防止に取り組む
  • 健康管理、過労防止(労務管理の徹底)
  • 事故・災害時の連絡体制の確立
    輸送の安全に関する報告連絡体制図(PDF)
  • 輸送の安全に関する投資
    ・ドライブレコーダー全車搭載済(平成27年度)
    ・デジタルタコグラフ全車搭載済(平成27年度)
安全への取り組み


★平成29年度9月22日に、『貸切バス事業者安全性評価認定制度』で新たに1つ星の認定取得を頂きました。これをスタートと致しまして、お客様の安全かつ快適なご旅行をご提供させていただくと共に、乗務員の安全教育や健康管理、そして車両の点検整備など、種々の安全対策に全力で取り組んでまいります。


日本リース株式会社

代表取締役 松原 一正

■安全管理規定
安全管理規定
輸送の安全に関わる重要事項

旅客自動車運送に関わる安全運行につきまして、乗務員の過労運転防止のため、下記の運行指示をさせていただきます。

拘束時間
13時間以内(条件付き16時間まで)
1日の運転時間
8時間以内
連続運転時間
3時間30分以内(休憩15分以上)
1日の走行距離
400km以内

※長距離、長時間拘束は乗務員を2名にさせていただきます。

お問い合わせはこちらから!
  • 求人情報
  • 安全への取り組み
  • バス旅行のご案内
  • 送迎の活用のご提案

ページアップ